フランチャイズの選び方とは?資金や開業準備で失敗しない方法

コラム 2019/02/23

フランチャイズ。最近ではとても気軽に始められる事業になってきました。
しかし、気軽に始められるとはいえ、資金を使って加盟し、経営を行うなら慎重に加盟先を選ばなければいけません。
フランチャイズで失敗しない選び方があるのかどうか、FC経験のある方の意見を参考に、「フランチャイズで開業する際の失敗しない選び方」をまとめてみました。

フランチャイズは選び方が肝心?

開業
フランチャイズの選び方で、特に重要なのは収益についてとリスクへの対応や管理です。
フランチャイズで儲ける為のノウハウはもちろん重要になってきますが、万が一何かあった時の対応がどうなのか、知る必要があります。

フランチャイズの選び方①収益について

フランチャイズで儲ける為に、誰もが注目するのは収益についてです。
とはいえ、これに関してはフランチャイズの本部の事業者が加盟する前の説明会なでど詳しく説明してくれます。
資金○○円で、これだけ儲かります!と言った情報だけでなく、選ぶ際には他の同業者やフランチャイズの収益と比べることも重要です。
業界にも平均の収益はありますし、実際のフランチャイズ業績がどれぐらいなのかも、必ず確認するようにしましょう。

フランチャイズの選び方①リスクについて

フランチャイズの本部が他にどのような事業を行っているのか、トラブル発生の際の対応はどうなっているのか、契約書はしっかりと作られているのかという事、当たり前ではありますが、意外と見落としがちです。
経営の状態が良く、こういったリスク管理もしっかり行っているようなフランチャイズ本部であれば、より一層選びやすくなります。
フランチャイズを開業する際にかかる資金は、決して安いものではありません。
自衛のためにも、リスクについては必ず確認するようにしましょう。

フランチャイズの選び方をチェック項目にしてみた

フランチャイズ選びで重要なことは、業種やフランチャイズの形態によっても変わってきます。
フランチャイズの正しい選び方で、特に重要な点をリストにしてみました!

フランチャイズの正しい選び方

・加盟側へのサポート体制はどうか…フランチャイズに加盟した側に、どのようなサポートを行ってくれるのかは絶対に欠かせないポイントです。フランチャイズ本部からどれぐらいサポートがあるのか、アドバイザーは加盟店をしっかり見れるほど充実しているかなど。
・必要資金…フランチャイズを始める前、始めてから経営し続ける為のロイヤリティはいくらなのか、店舗設置や営業にかかる資金など、自分にかかる費用はどれぐらいなのかは絶対に事前にチェックしましょう。収益ばかりに気を取られて、ロイヤリティの割合などを確認していないというトラブルなどは避けなければいけません。
・契約期間…フランチャイズをする際に、意外と失敗に繋がりやすいのが契約期間についてです。解約金の発生や、保証金の返却など、重要なポイントになる部分です。フランチャイズ経営が難しいと思って、もし取りやめることになっても、ここの段階でトラブルを起こしてしまったらより自分にとって失敗になってしまいます。
・フランチャイザーの候補を比較する…資金、株式の上場、フランチャイズの経営店舗数、平均売上、ロイヤリティの高さなど、提示された条件を、必ずフランチャイザー同士で比較するようにしましょう。1つのフランチャイザーだけに縛らず、複数の条件を照らし合わせるようにしましょう。

フランチャイズは開業資金で失敗しがち?

チェック
フランチャイズ経験者の方に、「フランチャイズは開業する際の資金で意外と失敗しがち」という噂について伺ってみました。

フランチャイズ経営で失敗するのは選び方が悪い

フランチャイズ経営は、開業資金で失敗することが少なくないのは事実なようです。
フランチャイズで開業を行う際に、家族との相談が足りなかったり、複数のフランチャイザーとで比較しなかったなど、もちろん失敗する要因はたくさんあります。
特に開業資金で失敗する場合は、開業資金の手当てなどについて確認を取らなかった場合などが多いようです。
多くのフランチャイズの本部は開業資金の手当てを施してくれるので、無理に自分達だけで負担しようとせずに、サポートなどを確認するようにしましょう。
どんなサポートがあるのか等を相談する場合も、フランチャイズ本部について知るいい機会になります。
一方的にフランチャイズ本部の説明を受けるだけでなく、自分から質問して、本部の対応のやり方を見てみるのも、選び方の一つです。

失敗しないフランチャイズの選び方まとめ

フランチャイズの正しい選び方、一番重要なのは「本部について詳しく知る事」です。
ただ知名度だけで選ぶのだけではなく、収益・リスク管理・サポート体制などに重きを置いて、様々なフランチャイザーを比較するのがより正しい選び方になります。
より良いフランチャイズの加盟先を選ぶなら、資料やヒアリングの結果などを確認しながら、慎重に選んでいきましょう。