フランチャイズの種類で注目すべきは?おすすめの業種をまとめてみた

コラム 2019/02/23

会社員から独立してフランチャイズで経営を始めようとする方、ここ数年で増えてきましたよね?
独立してフランチャイズを始めるとなると、真っ先に「どういった種類のフランチャイズでやっていくか」というのはポイントになると思います。
もちろん、自分の好きな業種を選んでやっていきたいところですが、それだけで独立の方法を選ぶのは軽率。
では、今注目されている人気の業種や、フランチャイズの種類が何なのか、知ることから始めてみましょう!

フランチャイズの主な種類とは?

フランチャイズ
一口にフランチャイズと言っても、全国でフランチャイズ経営を行っている業種は数えきれないほどあります。
どういった種類のフランチャイズがあるのか、簡単にまとめてみました!

フォーマットが決まっているフランチャイズ

フランチャイズの形式の中で、一番多く業種が集まっているのがこのフォーマットがほぼ固定されているのが特徴のフランチャイズ形式です。
「ビジネス・フォーマット型フランチャイズ」とも呼ばれているフランチャイズの形式で、フランチャイズを行っている本部の事業者が、フランチャイズ加盟店や加盟事業に対してビジネスのフォーマットを共有し、それに沿って事業をするというものです。
既に固まっているビジネスのフォーマットに沿うだけなので、加盟する側からすれば割と楽な部分もあります。
とは言え、すでに方針や仕様が決まっている経営方法だとしても、自分でしっかりと経営をするためのノウハウは掴まなければいけません。
ある程度決まった方針の中で、自分のやりたいことをやれる環境だというフランチャイズ加盟側の声もあります。

準備が超らくちんなフランチャイズ

「ターンキー型フランチャイズ」とは、経営までの道のりのハードルが低いのが特徴です。
フランチャイズの事業者本部などが、加盟店の為に全て準備を行い、加盟側は経営が始まってから事業を開始すると言う種類のフランチャイズです。
経営までを一気に任せられるので、確かに始めやすいですが、フランチャイズのロイヤリティ(フランチャイズの事業を行うのに必要な費用)は多く取られてしまうので、上手く経営していかないとキツイというデメリットもあります。
また、経営のノウハウを学ぶのに少し時間がかかるという印象も少なくないようです。

事業が転換していくフランチャイズ

「コンバージョン型フランチャイズ」とは、フランチャイズの本部が事業拡大のために同業者を取り込んでフランチャイズの加盟店とさせる方法です。
この説明ではいまいちピンと来ないかも知れませんが、不動産業者が不動産や賃貸のネットワークチェーンに加入し、フランチャイズとして経営を行うのがコンバージョン型フランチャイズの一例であったりします。
加盟する前のブランドの力も活かす事が出来るので、長期ビジネスにはもってこいです。
有名なフランチャイズに取り込んでもらえれば、経営としても安泰するということももちろん特徴としてあります。
業種によりますが、前向きに検討する業者も少なくないと思います。

今一番注目されているフランチャイズの業種は?

フランチャイズの種類と言えば、経営の方法ではなく業種の種類も気になるところ。
今どんな種類の業種がフランチャイズの中で人気になっているのか、まとめてみました。

サービス業のフランチャイズが熱い?

今もっとも注目されているのが、家事や介護、ベビーシッターなどの代行サービスや出張販売などの、実店舗を持たない「無店舗型ビジネス」と呼ばれる種類です。
実際に店を構えないので、店を持つための家賃や光熱費が不要というメリットがあります。
また、事業自体にも需要があり、加盟する側も未経験でOKな事業が多いので、とても始めやすいんです。

コンビ二と飲食はいつの時代も注目されている?

フランチャイズで根強い人気があるのがコンビニ経営と飲食店の経営です。
自分で店を構えたい、経営したいと思っている人には特におすすめの事業で、ノウハウもしっかりしている所が多く、知名度が高いのもポイントです。

おすすめのフランチャイズの種類は?

フランチャイズの業種でおすすめなのは「家事代行」「介護代行」「デイサービス」「塾経営」「ベビーシッター」「コンビニ」「飲食店」こちらは特に注目されています。

フランチャイズの種類は業種によって大きく変わる?

人気
フランチャイズの種類は、業種に併せてその種類を変える必要があります。
では、どのような業種にはどの種類のフランチャイズがいいのか、簡単にまとめてみました。

ビジネス・フォーマット型フランチャイズが合う業種

これは殆どのフランチャイズの業種が合うと言っても過言では無いと思います。
飲食店、食品販売店、コンビニエンスストア、美容健康系など、幅広い種類の業種がこちらのフランチャイズの種類を取っています。
事前準備から軽々までマニュアルがあるので、誰でも始めやすい・どんな業種でもマッチしているというメリットがやはり強いですね。
また、自分で始めるには難しい美容系・健康系の事業でも、ゼロから始めるよりハードルが低いです。
また、コインランドリー事業などの無人系のお店でもこちらの種類で経営を行っている場合が多いです。

ターンキー型フランチャイズが合う業種

塾や予備校の経営、保育所などのフランチャイズで、ターンキー型フランチャイズを行っている業種があります。
経営を始めるまでの難しいポイントを任せられるので、自分で行う負担が少なく、営業に時間を割くことが出来るというメリットがあります。

コンバージョン型フランチャイズが合う業種

小売販売や、不動産、サービス業の一部ではコンバージョン型フランチャイズを行う場合も多いです。
カーリペアやリフォーム系の職業がフランチャイズに加入することで、運営コストを下げ、さらにブランドの力を借りることで経営が上手くいく場合もあります。
独自ブランドというこだわりが無ければ、コンバージョン型フランチャイズで経営していくのもポイントです。

フランチャイズの種類まとめ

いかがでしたか?
特にフランチャイズでおすすめは「無店舗型ビジネス」です。
未経験でもフランチャイズを始めたいと思うなら、「無店舗型ビジネス」での経営について学んでみてはいかがでしょうか?