フランチャイズとは何か?語源の由来と起源、歴史などを徹底調査!

コラム 2019/02/23

皆さんは「フランチャイズ」という用語を聞いたことがありますか…?
フランチャイズとは主に親企業である本部が加盟店へ商号や商標を使用する許可とともに与えられる独占販売権のビジネス用語のことを指します。
そのフランチャイズについて、詳しく掘り下げてまとめさせていただきましたので、ご紹介していきたいと思います!

そもそも「フランチャイズ」って何?

歴史
フランチャイズとは…事業本部と加盟店が「フランチャイズ契約」というモノを結ぶ事で、チェーン名称や商標、更に商品ビジネス・経営していく上でのノウハウやサポートを得られる簡単に言うと『パッケージ』の事です。
加盟している店舗はその「パッケージ」を利用する権利を得られる代わりに、対価として「ロイヤリティ」と呼ばれる代金を本部に支払っているわけですね!
「フランチャイズ」の他にビジネス用語の種類は主に二種類あり、「フランチャイズチェーン店」と「直営店」に分かれています。それでは早速見ていきましょう!

フランチャイズチェーン店とは?

まず、フランチャイズチェーン店とはフランチャイズの本部に加盟している「加盟店」の事を指します。
お店にはしっかりオーナーと呼ばれる人がいて、本部の方とは別で行っている法人や個人事業主が経営しています。
コンビニで例を出すなら上司が「オーナー」その特徴は労働内容が緩く、食材廃棄なんかも持ち帰れたり比較的自由な労働内容です。

フランチャイズの直営店とは?

次に、フランチャイズの直営店とは、フランチャイズの本部が自ら出資して開業した店舗の事で運営等、本部にいる社員で行うのが特徴です。
直営店は本部が様々なテストを行うために福利厚生がしっかりしています。
コンビニで例を出すなら上司が「店長であり社員」そして店長が転勤などコロコロ変わる場所は直営店が多いのが特徴です。

フランチャイズの由来

フランチャイズの由来はどこから来ているのでしょうか…?
フランチャイズとは「自由や率直」という意味を持ち、そのビジネスモデルは縛られることのない自由な事業を展開していく、といった意味を持ちます。
加盟金やロイヤリティなど勿論縛られる物もありますが、雇われている立場よりフランチャイズのほうが自由の幅が利くといった物でしょう。

フランチャイズの語源について

フランチャイズの「franchise」という語源の起源は、フランス語の「francher」などから由来したと言われており「自由や免除、率直」などを付与する、という意味を持っています。
この語源からも由来が分かっていただけるように「フランチャイズ」という用語は、縛られる事なく自由に事業を行っていくというビジネスモデルなんです。

フランチャイズの起源

フランチャイズの起源は、1850年代アメリカから始まったと言われています。
フランチャイズのシステムを最初に取り入れたのは、1860年代のアメリカ、ミシン小売店のシンガー社、農機具を製造しているマコーミック社と言われています。
今の時代「フランチャイズ」と言うと、コンビニなどの接客業をイメージする人が多いと思いますが、当時は製造業だったのですね。

フランチャイズの歴史

フランチャイズ
フランチャイズの歴史は、1850年代頃アメリカで始まりました。一番最初にしっかりした組織を作り上げ、規模を拡大させていったのが上記でもご説明させて頂いたシンガー社やマコーミック社。
次に大きく動くのが、1950年代からケンタッキーやマクドナルドなど、外食業などが拡大成長していき「フランチャイズブーム」が巻き起こったのです。

本当のフランチャイズの始まりはアメリカじゃない?

そもそものフランチャイズの始まりは、アメリカのミシンや農機具の会社であると上記でご説明させて頂きましたが、そのきっかけとなったものはなんとドイツ人が作ったとされるビールだと言われています。
1850年代にアメリカに移住したドイツやアイルランドの酒造家たちは当時お酒の愛好家達に対して販売権を与えることで、その販売網を広げていったとされているのです。

日本のフランチャイズの現状は?

日本の「フランチャイズ」の始まりは、1960年頃に初めて導入され、日本に設立された「日本コカコーラボトリング」だと言われています。
今の日本の現状は、フランチャイズから得られる利益はとても欠かせない存在となっています。
例を出すと、現在の日本一の企業とも言えるトヨタ自動車の連結売上高に相当するほど重要なコンテンツなのです。

フランチャイズの語源のや由来って何?その起源を徹底解説まとめ

今後の日本のフランチャイズビジネスというものは、アメリカやその他諸国に比べてまだまだ成長過程にあると言えます。
ITシステムなどが発達してきた日本はフランチャイズ化に向けて設備を着々と整えてきているので、これからのフランチャイズビジネスが大きなシェアを占めていくことが予想されています。
そんな競争率の高い業界でどうやった戦法で生き抜き、売り上げを出していくのか?フランチャイズビジネスが鍵となっていくことでしょう。